ここから本文です

稲垣、草ナギ、香取の共演企画も…女性マネジャーが映画・舞台に売り込み

6/20(火) 4:03配信

スポーツ報知

 9月8日でジャニーズ事務所との契約が期間満了となる元SMAPの稲垣吾郎(43)、草ナギ剛(42)、香取慎吾(40)の今後について、昨年1月に同事務所を退社した女性マネジャーが、すでに3人の“売り込み”に本格的に動き出していることが19日、分かった。関係者によると、複数の映画、舞台製作会社と頻繁に接触している。独立後の新たな活動をスムーズに展開するため、契約終了を待たずしてすでに動き出している。

 女性マネジャーは、デビュー時からSMAPのプロデュースに手腕を振るい、今回独立が決まった3人を知り尽くす。草ナギの性格を生かした役柄を見つけ出し、稲垣は脇役もできる個性派俳優として育成。香取は子供にも受けるキャラクターでヒットを生んできた。再出発後も個々を生かす企画を持ち込んでいるが、関係者は「3人そろって出演する企画も温めているようです」という。

 一方で現在、香取がレギュラー出演するテレビ朝日系「SmaSTATION!」をはじめ、ジャニーズタレントとして契約した仕事は満了のタイミングで順次終了していくことが濃厚。映画についても、テレビ局などが出資するような大手作品は難しいとみられ、今後は“独立系”を狙って、活路を見いだしていくことになりそうだ。

 女性マネジャーは昨年新会社を設立したが、事務所退社時、今後は芸能界で仕事をするつもりはないとし、日本のコンテンツの海外発信事業や飲食事業など多角的な経営に乗りだしていた。3人については、新会社の「所属タレント」となる可能性は低く、業務委託といった形でそれぞれ契約を結ぶとみられる。一度は芸能界を去ることを決めながら、3人の今後のために奔走している。

最終更新:6/20(火) 4:03
スポーツ報知