ここから本文です

ロンドン火災 「外壁材は英国で禁止」と英財務相 安価で耐火性の低いものを使用

6/19(月) 9:30配信

産経新聞

 【ロンドン=岡部伸】ロンドン西部の高層アパートで起きた火災で、英国のハモンド財務相は18日、BBC放送に、改修工事で使用した安価で耐火性の低い外壁材が「欧州や米国と同様に、英国で使用が禁止されているもの」と述べた。

 昨年までの改修工事で見栄えをよくするため耐火性の低い外壁材を使用したことで火勢が強まり大惨事を招いたと指摘されており、ロンドン警視庁は刑事事件として工事関係者から事情を聴いている。

 ハモンド氏は、違法行為があったかについて、独立した政府の調査委員会が専門的に調査すると明言した。英メディアは外壁材は2種類あるうち、より安価で耐火性が低い方が使用されていたと報じている。

 現場近くの教会では18日、ロンドンのカーン市長夫妻らが出席し、犠牲者を悼むミサが行われた。教会は被災住民の救護所としても使われており、入り口には、たくさんの花がささげられた。

最終更新:6/19(月) 9:30
産経新聞