ここから本文です

オリックス、4点差をひっくり返し交流戦勝ち越し!ロメロが逆転2ラン

6/19(月) 21:28配信

サンケイスポーツ

 (セ・パ交流戦、DeNA4-7オリックス、3回戦、DeNA2勝1敗、19日、横浜)オリックスは終盤にステファン・ロメロ外野手(29)の11号2ランなどで4点差をひっくり返し逆転勝ち。交流戦の勝ち越しを決めた。

 先発金子が5回途中4失点で降板。プロ初先発のDeNA・飯塚に5回まで無得点に抑え込まれ重苦しい展開だったが、7回に流れを変えた。まずは小谷野が3号3ランで1点差に。続く8回にはロメロの2ランで逆転に成功。小谷野と伊藤の適時打でさらに2点を加えて一気に4点。試合を決めた。

 終盤の猛攻で逆転勝ちに成功したオリックスは10勝8敗で交流戦勝ち越しを決めた。一方DeNAは中継ぎのパットン、三上が大誤算で交流戦の勝ち越しが消滅。連勝も4でストップした。

 逆転弾のロメロは「高い所にくるボールを狙っていました。体調も良く、小谷野選手の3ランのあとに自分も打ち、チームの調子も良いと思います」と試合を振り返った。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/23(金) 21:30