ここから本文です

(朝鮮日報日本語版) 紫外線対策だけじゃない! 夏コーデのポイントになる帽子

6/19(月) 11:05配信

朝鮮日報日本語版

 人々の服装が軽くなり、単調になるということは、暑さがまた一歩近づいていることを感じさせる。リゾート地でも都会でも、ファッションポイントとして活用することができる帽子は、紫外線対策にも打ってつけのアイテム。今からさまざまな演出が可能な夏用帽子を見てみよう。

◆リゾート地でのマストアイテム「パナマ帽」

 バカンスの季節、マストアイテムの一つとされるパナマ帽は、パナマソウの葉を細く裂いた紐で作られる。ほかの帽子に比べつばが広いのが特徴のパナマ帽は、紫外線対策に効果的で、通気性がよく、暑いリゾート地で活躍するアイテムだ。リゾート地でフラワープリントのワンピース、チューブトップ、マキシスカートなどと合わせると、ロマンチックで異国的な雰囲気のバカンスルックが完成する。

◆都会のファッションリーダーのマストアイテム「バケットハット」

 復古風のバケットハットがトレンドに浮上し、あらためて注目を集めている。バケットハット特有のデザインと雰囲気は、普段のシンプルなコーディネートのポイントとするのにちょうどよく、楽でセンスあふれるデイリールックになる。特に、暑い夏には華やかなフラワープリントや鮮やかな色合いのバケットハットをかぶれば、よりいっそう涼しげで個性あふれるファッションを表現することができる。

◆野球場からプールまで…万能アイテム「メッシュキャップ」

 ベーシックでシンプルなデザインで老若男女が愛用しているメッシュキャップは暑い夏、場所にこだわらずスタイリング可能なアイテム。軽くて通気性がよく、暑い中、涼しく快適なかぶり心地を誇り、シンプルなデザインならさまざまなファッションに合わせることができ、夏のデイリーアイテムとしても人気が高い。また、メッシュキャップはすぐに乾くため、水遊びやスポーツなどを楽しむ人たちに打ってつけで、さまざまなブランドやデザイン、カラーのものが売られており、選択の幅が広いアイテムだ。