ここから本文です

マカオの大型IR建設現場で死亡事故発生…当局が工事全面停止を命令

6/19(月) 10:32配信

マカオ新聞

 マカオ・コタイ地区で建設工事が進む大型IR(統合型リゾート)グランドリスボアパレスの建設現場で6月18日午後に中国籍の男性作業員(47)が高所から転落して死亡する事故が発生した。

 マカオ司法警察局及び労工局の発表を総合すると、死亡した建設作業員は空調システムの配管工事を担当していたといい、フロアに開いた穴からおよそ10メートル下に転落したといい、穴の周囲に高さ90センチ以上の柵を設置するルールが守られていなかった模様だ。

 労工局は、事故後すぐに工事の全面停止命令を発出し、建設会社に対して詳しい事故報告及び再発防止に有効な改善策を提出することを工事再開の条件として伝達した。マカオでは、先週にも検察院ビル建設現場で死亡事故が発生しており、労工局で建設会社が作業員の安全を保護する意識が大きく不足していたことが事故につながったものとみて、今週にかけてマカオ各地の建設工事現場に立ち入り検査を実施し、建設会社向けのセミナーを開催するとした。

 グランドリスボアパレスはマカオのカジノ運営ライセンスを保有する6社の一角、SJMホールディングスが2018年オープンを目指して開発を進めている大型IR施設で、パラッツォ・ヴェルサーチホテル、カール・ラガーフェルドホテルなど3つのホテル、カジノ、料飲施設などで構成されるという。

最終更新:6/19(月) 10:32
マカオ新聞