ここから本文です

埼玉りそな銀行、鶴瀬支店が新築移転 印鑑不要のサービス導入

6/19(月) 10:30配信

埼玉新聞

 埼玉りそな銀行「鶴瀬支店」が19日、埼玉県富士見市鶴馬2597に新築移転オープンする。従来店舗の老朽化により、東武東上線鶴瀬駅の駅ビル内から、駅西口徒歩2分の場所に移った。移転に伴い、印鑑なしで各種手続きができるサービスなどを導入し、顧客の利便性をいっそう向上させる。

 印鑑不要サービス導入は所沢東口支店、東浦和支店に続いて3店舗目。口座開設のほか、運用商品や貸金庫の契約といった取り引きを、キャッシュカードと生体認証(または暗証番号)で行える。

 受付はタブレット端末を活用し、時間や手間を短縮。個室型の相談ブースやセミナールームのほか、365日利用可能な貸金庫や授乳室、多目的トイレなども設置する。

 同社は中期経営計画(2017~19年度)の中で、店舗の新設や改装に3年間で計100億円を投資する方針を打ち出しており、今回は第1弾となる。19日に開店セレモニーを行う。

最終更新:6/19(月) 10:30
埼玉新聞