ここから本文です

稲垣、草ナギ、香取、ジャニーズと決別!退社女性マネと再出発へ

6/19(月) 4:00配信

スポーツ報知

 昨年末で解散したSMAPの稲垣吾郎(43)、草ナギ剛(42)、香取慎吾(40)の3人が、9月8日をもって契約期間満了によりジャニーズ事務所を退所することが18日、発表された。昨年8月にグループ解散が決まった際、活動休止ではなく解散を強く望んだ3人だ。一時、事務所からの独立を企てた女性マネジャーと再出発するとみられる。同様に“独立派”だった中居正広(44)は残留。ジャニー喜多川社長(85)も公としては極めて異例のコメントを発表して「5人」を応援し続ける考えを明かした。

【写真】過去にジャニーズ事務所を退所した主なタレント

 稲垣、草ナギ、香取の3人が最終的に出した答えは、やはりジャニーズ事務所と、そしてSMAPとの“決別”だった。事務所はこの日、書面で「契約期間満了に伴い、3名とのマネージメント業務委託契約を終了することとなりました」と報告。関係者によると今月1日、3人がそろって都内某所の事務所幹部のもとを訪れ、退所の意志を正式に伝えたという。

 3人の意志は固かった。事務所との契約更新は毎年、デビュー日の9月9日。その3か月前を過ぎると、自動更新となるため、それまでに意思表示する必要があった。事務所も、3人の申し出を受けて協議を重ねたが、この日になって3人の意志を受け入れる最終決断を下した。

 グループ解散が決まった際には、メンバー間のあつれきも原因の一つとされた。解散後、グループの活動はなくなったため“不仲”は関係なく活動を続けることは可能だったが、事務所との関係が修復不能の状況に陥っていた。独立という“クーデター”を仕掛けた張本人でもある女性マネジャーが、昨年1月に騒動が表面化した際に事務所を退社に追い込まれた。特に香取は女性マネジャーのことを母親のように慕っていた。稲垣、草ナギにとっても絶大な信頼は同様だった。3人の事務所への不信感は消えなかった。

 3人の今後について、事務所は「詳細固まり次第3名それぞれより報告させていただく事になるかと存じます」と“移籍先”について明かすことはなかった。だが、独立後の動きについて、関係者によると、長年ともに活動してきた女性マネジャーとともに再出発することになる。

1/2ページ

最終更新:6/19(月) 12:27
スポーツ報知