ここから本文です

中邑、WWE王座挑戦ならず AJと激闘もラダーから転落

6/19(月) 15:32配信

スポーツナビ

 WWEのPPV「マネー・イン・ザ・バンク2017」が現地時間6月18日、米国ミズーリ州セントルイスのスコットトレード・センターにて開催された。
 マネー・イン・ザ・バンク戦は「いつでもどこでも王座に挑戦できる権利書」が入ったブリーフケースを奪い合うラダー戦。6人で競い合う予定だったマネー・イン・ザ・バンク・ラダー戦は波乱の幕開けとなった。中邑の入場時にコービンが背後から突然現れて、ラダーやカメラ機材を使って中邑を襲撃。この不意打ちに倒れ込む中邑はバックステージへ運び込まれてしまう。
 試合は中邑を抜いた5人でスタート。ブリーフケースを狙ったラダー上での攻防では、ゼインがラダートップからジグラーにパワーボムをたたき込み、ゼインがラダーを登ろうとするとスタイルズがトップロープからフェノミナル・フォアアームを決めるなど白熱の闘いを繰り広げた。

 試合中盤、コービンがラダーを登ろうとするとバックステージから中邑が現れ、会場は割れんばかりの大歓声。中邑はコービンにヒザをたたき込み場外に追いやると、続いてジグラー、ゼイン、オーエンズに立て続けにキンシャサを決めて試合を優勢に進めた。
 しかし、中邑がラダーを登ろうとするとスタイルズが現れて一騎打ちに。お互いにエルボーを打ち合い、さらにキンサシャを狙う中邑をかわしてスタイルズがフォアアームを決め、続けてラダー上ではブリーフケースを狙いながら一進一退の攻防を展開。
 どちらかがブリーフケースを奪取すると思われたが、最後はコービンがラダーを倒して2人を場外に落とすとブリーフケースを手に取って激戦を制した。果たしてバロン・コービンはいつ王座挑戦権を行使するのか!?

 また、この「マネー・イン・ザ・バンク」では女子版マネー・イン・ザ・バンク戦が行われ、エルズワースがブリーフケースをカーメラに渡して権利を獲得。さらにWWE王者ジンダー・マハルとランディ・オートンの再戦はオートンをカラスで沈めたマハルが王座を防衛した。この模様は、WWEネットワークで生中継後もビデオオンデマンド方式で視聴可能。

[記事提供:WWE JAPAN]

最終更新:6/19(月) 15:32
スポーツナビ