ここから本文です

デル ポトロが鼠径部のケガにより欠場 [ロンドン/男子テニス]

6/19(月) 9:00配信

THE TENNIS DAILY

 フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)がケガのため、「AEGON選手権」(ATP500/イギリス・ロンドン/グラスコート)への出場を取り消し、ウィンブルドンへの参加が危ぶまれることになった。

故障したアルマグロを慰めたデル ポトロ「心が感じたことをする」[全仏オープン]

 世界ナンバーワンのアンディ・マレー(イギリス)に3回戦で敗れた「全仏オープン」(フランス・パリ/クレーコート)で、デル ポトロは鼠径部を傷めていた。彼はそのケガにより、スヘルトーヘンボス(ATP250/グラスコート)の欠場を余儀なくされていた。

「僕は未だケガの回復途中にあり、医師のアドバイスに従いクイーンズクラブの大会でプレーすることができなくなった」とデル ポトロはツイッターに投稿した。

 デル ポトロは2013年のウィンブルドンで準決勝に進出し、2009年の全米オープンでは優勝を果たしている。しかし、3度に渡る左手首の手術のため、この1、2年間はメジャー大会に参加することができず、昨年のウィンブルドンでグランドスラム大会に復帰を果たしていた。

 昨年のウィンブルドンの数週間後に行われたリオデジャネイロ五輪に出場したデル ポトロは、そこで驚くべき勝ち上がりで決勝進出を果たし、マレーに敗れて銀メダルを獲得している。(C)AP (テニスマガジン/テニスデイリー)

Photo:PARIS, FRANCE - JUNE 01: Juan Martin Del Potro of Argentina reacts during the men's singles second round match against Nicolas Almagro of Spain on day five of the 2017 French Open at Roland Garros on June 1, 2017 in Paris, France. (Photo by Adam Pretty/Getty Images)

最終更新:6/19(月) 9:00
THE TENNIS DAILY