ここから本文です

石川元議員出馬へ 衆院北海道11区 「陸山会」事件で有罪

6/19(月) 11:02配信

北海道新聞

10月4日に公民権回復

 【帯広】民進党道11区総支部代表代理の石川知裕元衆院議員(44)が、停止中の公民権が回復する10月4日以降に次期衆院選が行われる場合、道11区(十勝管内)に出馬する意向を固めたことが18日、分かった。通常国会が同日で閉会し、衆院解散が当面見送られる可能性が強まったとみて、判断したとみられる。月内に支援者に伝える。

<動画>東京の駅頭、チアで人々を元気に 釧路市出身の三原さん

民進党11区総支部代表で準備本格化

 民進党関係者によると、石川元議員は公民権回復後に11区総支部代表に就任し選挙準備を本格化させる。石川元議員は自由党の小沢一郎共同代表の資金管理団体「陸山会」を巡る政治資金規正法違反事件で2014年10月に禁錮2年、執行猶予3年の有罪判決が確定。執行猶予中は公民権が停止され選挙運動はできない。

 石川元議員は07年、民主党(当時)の比例代表道ブロックの繰り上げで初当選。09年に道11区で再選するが事件を巡って離党し、大地・真民主党(現・新党大地)を結成。3期目途中の13年5月に議員辞職した。

北海道新聞

最終更新:6/19(月) 11:02
北海道新聞