ここから本文です

金色便座で早朝ツイート体験も。期間限定のトランプ“ツイート”展

6/19(月) 11:48配信

ホウドウキョク

マンハッタンのトランプタワーから、およそ100メートルの場所に、トランプ大統領のツイートをテーマにした「図書館」が期間限定で登場した。

【画像】トランプ大統領になりきってツイッターに投稿

所蔵されているのは、本ではなく、大統領の「つぶやき」。
「ツイッター好き」として知られるトランプ氏の「つぶやき」を集めた期間限定イベントだという。

額に入れられ、壁一面に飾られている、数々のつぶやき。「壁の建設費用はメキシコに払わせる」といった外交に関するつぶやきから、書き損じコーナーには、「We」とだけ書かれていたツイッターも。
書いている途中に、間違えて投稿してしまったとみられる失敗作まで、「図書館」らしく、テーマ別に分類され、風刺されている。

あるブースでは、トランプ大統領になりきり、金色の便座に座って、ツイートを楽しむ体験も。
トランプ大統領は、早朝にツイートすることが多く、会場では、来場者が大統領執務室のトイレに見立てたコーナーで、カツラやバスローブをまとって大統領になりきり、ツイッターに投稿する日常を楽しんでいた。

金色便座で早朝ツイート体験

来場者は、「ツイートのような単純なものが、深い意味を持っているのは面白い」、「しばらくの間、ただ見て笑うしかない」などと話した。

大きなマグネットボードでトランプ氏がよくツイッターで使う言葉を組み合わせて、大統領さながらのツイートを作り出せるコーナーも人気を集めた。

このイベントは、大統領の風刺を売りにするアメリカのコメディー番組が企画したもので、18日まで開催された。

最終更新:6/19(月) 11:48
ホウドウキョク