ここから本文です

稲垣、草ナギ、香取がテレビから消える…舞台や映画が中心に

6/19(月) 4:00配信

スポーツ報知

 昨年末で解散したSMAPの稲垣吾郎(43)、草ナギ剛(42)、香取慎吾(40)の3人が、9月8日をもって契約期間満了によりジャニーズ事務所を退所することが18日、発表された。

【写真】過去にジャニーズ事務所を退所した主なタレント

 稲垣、草ナギ、香取の独立により、3人がレギュラー出演するテレビ番組やCMは、10月改編のタイミングで全て終了するとみられる。

 現在、稲垣は放送7年目のTBS系「ゴロウ・デラックス」(木曜・深夜0時58分)、草ナギは20年目のテレビ朝日系「『ぷっ』すま」(金曜・深夜0時50分)、香取は17年目の「SmaSTATION!」(土曜・後11時5分)、6年目のフジテレビ系「おじゃMAP!」(水曜・後7時)と、それぞれテレビのレギュラー番組を抱えている。これらは当然、ジャニーズ事務所所属タレントとして契約した仕事のため、独立後もそのまま契約が続くとは考えにくい。事務所との契約終了が9月8日とあって、各局の番組改編のタイミングとなる9月いっぱいで、全ての番組が終了する見込みだ。

 また、テレビ関係者によると、独立後2年間は番組に出演できない、というのが業界の暗黙のルール。1991年のSMAPデビューから、25年以上にわたり、テレビのレギュラー番組に出演し続けてきた3人だが、しばらくの間、活動の場をテレビ以外に移すことになる。

 香取は2011年、シルク・ドゥ・ソレイユ東京公演開幕を記念して自身が描いた巨大アートを披露するなど絵画の才能にもあふれており、今後は創作活動にも力を入れることになりそうだ。

 稲垣は脇役でも評価が高い演技力を生かし、舞台や映画を活動の中心にしていくほか、一部では小説家としてデビューするという話も浮上している。

 同じく演技力に定評のある草ナギも、映画を中心に活動していくことになりそう。また、韓国語を猛勉強し「チョナン・カン」として韓国でも活動した実績を生かし、積極的に海外進出する可能性もある。

 独立後の3人の動向は高い注目を集めることになりそうだ。

最終更新:6/19(月) 12:28
スポーツ報知