ここから本文です

トヨタ ル・マン24への挑戦、9位完走が最高位・2台リタイアで苦難のレースに

6/19(月) 11:26配信

オートックワン

TOYOTA GAZOO Racingは、FIA世界選手権(WEC)の今季第1戦、第2戦を制し、ドライバーとマニュファクチャラーの両選手権をリードして第3戦となるル・マン24時間に臨んだが、苦難のレースに終わった。3台体制で臨んだレースだったが、深夜に#7号車と#9号車の2台を失い、#8号車もトラブルのため一時54位まで後退。後半戦、懸命に追い上げた#8号車は9位でチェッカーを受けた。

>>ル・マン24時間レース フォトギャラリー

優勝は、残り1時間あまりで首位に立ったポルシェ#2号車だった。


◆第3戦 ル・マン24時間 最終結果(LMP1-Hクラス)

1位:ポルシェ#2号車

9位:トヨタ#8号車

リタイア:ポルシェ#1号車

リタイア:トヨタ#9号車

リタイア:#7号車

予選でコースレコードをたたき出しポールポジションを獲得するも・・・

小林可夢偉選手、マイク・コンウェイ選手、ステファン・サラザン選手のTS050 HYBRID #7号車は、史上最速のコースレコードでポールポジションを獲得し、最大目標であった初勝利へと大きな期待と共にスタートから10時間にわたってレースをリードした。しかし、154周目を迎えた深夜の1時15分、クラッチトラブルでその夢は消えた。

中嶋一貴選手、セバスチャン・ブエミ選手、アンソニー・デビッドソン選手の#8号車も同じく勝利を目指し、#7号車に次ぐ2位を走行していたが、8時間を迎える直前、フロントモーターにトラブルが発生、モーターとバッテリの交換を余儀なくされたが、チームは決して諦めることなく、2時間にわたる修復作業で再び#8号車をコースへと復帰させた。29周遅れ、54位でレースに復帰した#8号車は全体最速ラップタイムを叩き出すなど、懸命の追い上げを見せ、9位でチェッカーを受けた。

ニコラス・ラピエール選手、国本雄資選手、ホセ・マリア・ロペス選手の#9号車もアクシデントによりレースを終えることとなった。#7号車がリタイアした直後、#9号車は後方からLMP2車両に追突され、左リアタイヤのパンクと、油圧系統にダメージを負った。これにより、#9号車はシフトチェンジが出来ず、ピットまで残り僅かのところまでたどり着いたが、1時35分にリタイアとなった。

1/2ページ

最終更新:6/19(月) 11:26
オートックワン