ここから本文です

女子テニス界の偉人キングがノースウェスタン大学でスピーチ

6/19(月) 12:03配信

THE TENNIS DAILY

 女子テニス界の偉人として知られるビリー ジーン・キング(アメリカ)が、ノースウェスタン大学の卒業生へのスピーチの中で、ミレニアル世代についての利点について語った。

ビリー ジーン・キングとエルトン・ジョンのイベントにマッケンローやヒンギスが参加

 社会的多様性の受け入れに関して言えばミレニアル世代はこれまででもっともいい時代だ、とキングは卒業生に対して言っている。

 1981年にキングはパートナーの慰謝料請求訴訟のあと、同性愛者であることをカミングアウトとした初めての有名女性アスリートとなった。

 キングは1973年に当時55歳になっていた往年の男子選手ボビー・リッグス(アメリカ)との“性別間の戦い“と銘打たれた男女対抗試合で6-4 6-4 6-3で見事勝利し、男女同権において大きな影響力を与えた草分け的存在としても知られる。

 スピーチの中でキングは、男女間の賃金の平等性について強く語った。この10年間グランドスラム大会では、男女間に賞金の格差はないが、プロツアーに参戦している選手数はいまだ男子の方が多い。キングは、この件において男子プロツアーに変化が必要と要求している。

 キングはLGBT(性的少数者)コミュニティの代表としての功績が称えられ、名誉博士号が授与された。(C)AP (テニスマガジン/テニスデイリー)

Photo: NEW YORK, NY - AUGUST 02: Billie Jean King looks on during an event to unveil the retractable roof at Arthur Ashe Stadium on August 2, 2016 in the Queens borough of New York City. (Photo by Alex Goodlett/Getty Images)

最終更新:6/19(月) 12:03
THE TENNIS DAILY