ここから本文です

プーチン大統領の言葉が励みに「責任が増す」 ホスト国ロシア順調の白星発進

6/19(月) 11:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

開幕戦で勝利

ロシア代表は17日、コンフェデレーションカップでニュージーランドと対戦した。試合はホスト国ロシアが2-0で開幕戦をものにしている。

圧倒的に試合を支配したロシアは、同大会制覇に向け勢いをつけた。ロシアのスタニスラフ・チェルチェソフ監督は、ウラジミール・プーチン大統領の言葉のおかげかもしれないと語っている。開幕戦を前にプーチン大統領は自国代表にエールを送っていた。同監督のコメントを米『ESPN』が伝えている。

「我々の大統領が代表チームのためにスピーチをしてくれることは、我々に素晴らしいモチベーションを与えてくれる。しかしそれと同時に責任が増す。我々は素晴らしい結果を収めた。プラン通りの試合運びとなったよ。今日のようなチームでポルトガルと対戦できることを願うよ」

自国開催ながら優勝候補に名前の出ないロシア代表だが、今日のようなプレイをどのチーム相手にもできれば優勝も夢ではないかもしれない。次戦は欧州王者ポルトガル相手に、ロシアの力量が試される。

https://www.theworldmagazine.jp