ここから本文です

高校生が県政課題学ぶ

6/19(月) 19:55配信

テレビ高知

テレビ高知

香美市の山田高校で、高知県の現状を知るための講演会が開かれました。講師を務めたのは尾崎知事で、南海トラフ地震対策や人口減少対策について生徒たちに熱く伝えていました。

高校生が主体になった課題の解決や地域の活性化につなげようと、山田高校をはじめ、県内4つの県立高校で、「学校地域協働本部事業」という活動が行われています。きょうは、2年生が、県政の現状を知り、新たなテーマを探ろうと、尾崎知事を講師に招きました。尾崎知事は、県が進めている南海トラフ地震対策や人口減少対策について講演しました。このうち、南海トラフ地震については、県の対策を細かく説明し、「地震は防げないが十分に備えることは大切」と生徒たちに熱く伝えていました。

生徒たちは32のチームに別れ、それぞれのテーマについて学習を深め、来年1月、代表チームが県庁で県政への提言をする予定です。

最終更新:6/19(月) 19:55
テレビ高知