ここから本文です

山崎賢人、実写版『ジョジョ』に手応え 「全力で作りあげた」

6/19(月) 19:30配信

ぴあ映画生活

俳優の山崎賢人が6月19日、都内で行われた主演作『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』のキックオフイベントに出席。「偉大な原作を、(実写映画として)全力で作り上げた。僕がこの映画でいろんな世界を見たように、ぜひ新しい世界を見てほしい」と強い手応えを示した。

山崎賢人 その他写真

また、スイスで開催される第17回ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭のコンペ部門に出品され、ワールドプレミア上映されることも決定しており、「日本だけでなく、世界の人たちに見てもらえるのがうれしい」と主演作の海外初進出に喜びを語った。

シリーズ累計発行部数1億部を超える荒木飛呂彦の人気コミック『ジョジョの奇妙な冒険』の第4部『ダイヤモンドは砕けない』を、『無限の住人』を手がけた三池崇史監督が実写映画化。“スタンド”と呼ばれる特殊能力をもつ高校生・東方仗助(山崎)が、美しい海沿いの町・杜王町で発生した連続変死事件の真相を突き止めようと奮闘し、人知を超えたバトルに巻き込まれる。

「スタンドっていう精神エネルギーが出てくるので、見たことないジョジョワールドの迫力を楽しんでもらえれば」とアピールした山崎は、「仗助は人間ができている男。根っこにある優しさを意識した」と役作りをコメント。主人公のトレードマークであるリーゼントについては、「ビシッと決まる角度をヘアメイクさんに作ってもらい、自分でも調整して完成させた」と明かし、「こんなスタイリッシュでカッコいい衣装を着られるのはジョジョしかない。『いくぜ』という気持ちになれる」と髪型や衣装が役作りを後押ししたと語った。

また、ロケのため訪れたスペインで「バルサ(FCバルセロナ)の試合を見た」そうで、「現地でボールを買って、隆(広瀬康一役の神木隆之介)とビーチで遊んだ」と振り返っていた。

『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』
8月4日(金)全国ロードショー

取材・文・写真:内田 涼

最終更新:6/19(月) 19:30
ぴあ映画生活