ここから本文です

中学生プロ棋士・藤井四段に影響 将棋始める子が急増「対戦したい」

6/19(月) 10:31配信

埼玉新聞

 歴代最多記録に並ぶ公式戦28連勝に王手をかけた将棋の中学生プロ棋士、藤井聡太四段(14)。破竹の勢いで白星を重ねる活躍ぶりに触発され、将棋を始める子どもが増えている。「藤井四段のように強くなりたい」「プロ棋士になって対戦したい」と県内の将棋教室でも入会希望者が増加。関係者は“藤井効果”による将棋人口の拡大に期待を寄せている。

 「パチン、パチン」。ビルの一室に軽快な駒音が響く。18日午前、埼玉県さいたま市中央区の将棋道場「北浦和将棋サロン」。初級者向けの教室は子どもたちの熱気で満ちていた。汗を浮かべながら将棋盤を凝視する表情は、さながら小さな勝負師だ。

 代表を務める日本将棋連盟県支部連合会長の小島一宏さん(59)は「藤井四段の連勝がメディアで騒がれ始めた5月あたりから、入会する子どもが増えた。以前は月3件程度だった問い合わせも、最近は1日5件来ることも珍しくない」と語る。

 サロンは昨年、同市大宮区から移転。約40年の歴史を誇り、王位のタイトルを獲得したA級プロ棋士の広瀬章人八段も子どもの頃に通った。初級者向けの教室は日曜日の午前中に行われ、小中学生を中心に約40人が登録している。

 「一気に攻めて相手を負かす。憧れの存在。同じ中学生として、すごいと思う」。さいたま市緑区の中学1年、内藤聖さん(12)は、藤井四段に影響されて5月に入会したばかり。「このまま30、40連勝と記録を伸ばして、全部のタイトルを取ってほしい」とエールを送る。

 加藤一二三九段が持っていた最年少記録を62年ぶりに更新し、史上5人目の中学生プロ棋士となった藤井四段。その背中を後輩たちは追い掛ける。「藤井四段よりも若いプロ棋士になって対戦するのが夢。そのためにもっと強くならないと」と、同市浦和区の小学3年、福田悠人君(8)。

 大人たちも将棋界の”風雲児”から目が離せない。「プレッシャーに負けず、勝ち続ける精神力が素晴らしい。対局中の落ち着きも中学生離れしている」と舌を巻くのは、越谷市のサービス業三宅典子さん(31)。藤井四段の活躍で将棋が注目され、「ファンとして、うれしい限り」と目を細める。

 小島さんは「娯楽の多様化で将棋人口は減っている。藤井四段に影響を受けて、将棋を始める子どもが増えるのはありがたい。われわれも一人でも多く将棋を続けてもらえるよう努力し、盛り上げていきたい」と話している。

 藤井四段は21日の王将戦予選で、公式戦28連勝を懸けて澤田真吾六段と対戦する。

最終更新:6/19(月) 10:31
埼玉新聞