ここから本文です

34歳ミュラー キャリア2勝目、カルロビッチにストレート勝ち<男子テニス>

6/19(月) 15:39配信

tennis365.net

リコー・オープン

男子テニスツアーのリコー・オープン(オランダ/スヘルトヘンボシュ、芝、ATP250)は18日、シングルス決勝戦が行われ、第4シードのG・ミュラー(ルクセンブルグ)が第3シードのI・カルロビッチ(クロアチア)を7-6 (7-5), 7-6 (7-4)のストレートで下し、キャリア通算2勝目をあげた。

【錦織vsベルダスコ 1ポイント速報】

2セットともタイブレークへもつれ込む接戦となったこの試合、両者はお互い1度もブレークチャンスを与えず、カルロビッチが19本、ミュラーが22本のサービスエースを叩き込んだ。最後はミュラーが2セットとも取りきり、1時間32分で勝利した。

今大会、ミュラーは初戦の2回戦でA・セッピ(イタリア)、準々決勝で第8シードのA・ベデネ(英国)、準決勝で第2シードのA・ズベレフ(ドイツ)、そして決勝でカルロビッチを破りタイトルを獲得していた。

現在34歳のミュラーは、今年1月のアピア国際(オーストラリア/シドニー、ハード、ATP250)決勝でD・エヴァンス(英国)を破って悲願のツアー優勝を果たした。

tennis365.net

最終更新:6/19(月) 15:39
tennis365.net