ここから本文です

クアレスマ、バベルらがいればC・ロナウド、メッシすら不要!? トシッチ「ロナウドに好印象ない」

6/19(月) 12:20配信

theWORLD(ザ・ワールド)

ベジクタシュには不要か

 クリスティアーノ・ロナウドやリオネル・メッシはどんなチームでも欲しがる選手だが、今季トルコ・スーパーリーグを制覇した名門ベジクタシュではこの2人すら必要ないのかもしれない。そう語っているのはベジクタシュのドゥシュコ・トシッチだ。

“New黄金世代候補”イングランドはドイツを見習え

トルコ『Fanatik』によると、トシッチはチームメイトのリカルド・クアレスマやライアン・バベル、チェンク・トスン、ヴァンサン・アブバカルら前線の選手に満足しているようで、「ベジクタシュでは誰も代わりにならないと思う。ロナウドやメッシもだ。僕はチームと仲間を愛している」とコメント している。

さらにロナウドが口撃のターゲットになっており、「僕は以前ロナウドと対戦したことがあるけど、好印象はなかったね。彼はまるでそこに存在しないかのようだった」と前回対戦時に脅威を感じなかったことをアピールしている。それもトシッチがバベルやクアレスマを気に入る理由なのだろう。

ロナウドとメッシは世界最高の選手に与えられるバロンドールをずっと支配している超人的な存在だが、ベジクタシュには不要なのか。クアレスマやバベルも若い頃から注目を集めたアタッカーで、チームメイトのトシッチからは最高の評価を得ているようだ。

http://www.theworldmagazine.jp/