ここから本文です

世界初! Aピラー不要の樹脂製フロントウインドウ、トミーカイラZZで市販化へ

6/19(月) 16:09配信

オートックワン

京都大学発の電気自動車(EV)メーカーで、スポーツタイプのEVの量産に日本で初めて成功したGLMは、クルマの軽量化を実現する樹脂製のフロントウインドウを「トミーカイラZZ」に搭載することに成功した。フロントウインドウに樹脂製の窓を採用した世界初の市販車を目指し開発している。

>>トミーカイラZZ フォトギャラリー

なぜAピラーがいらないのか?

国の自動車保安基準改正で、2017年7月1日(土)から樹脂製窓のフロントウインドウへの搭載が認められるのに合わせて試験を実施。近く、公道を走行するための国内認証を取得する予定で、今秋を目途に、樹脂製フロントウインドウを搭載した「トミーカイラZZ」を販売する計画。

今回の樹脂製フロントウインドウは帝人の最先端技術を使い、「トミーカイラZZ」の形状に合わせて製作、従来の窓より3割以上軽いのが特長だ。

標準装備であるAピラーやガラス窓、ルームミラーを合わせた重量(18.4kg)に比べて、樹脂ウインドウを搭載した車両は6.6kg軽くなっている。

また、ウィンドウを支え、前方衝突時に搭乗者を守る役割があるAピラー(支柱)には、太くすると前方の視界を妨げてしまうという課題があった。今回開発された樹脂製の窓はガラスに比べ高い強度があるため、窓周辺のフレーム枠(Aピラー)を必要としない利点もある。

こうした中、自動車保安基準が改正。2017年7月より国内で発売される新車種の窓には、ガラスと同等の高い耐摩耗性が求められるようになるとともに、フロントウィンドウにPC樹脂の使用が可能となることから、世界初となるPC樹脂製のピラーレスフロントウィンドウを開発し、GLMの「トミーカイラZZ」に搭載されることになった。

なお、樹脂製フロントウインドウを搭載した「トミーカイラZZ」の試作車は、2017年6月28日(水)から開催される「人とくるまのテクノロジー展名古屋2017」で、帝人によってお披露目される。

最終更新:6/19(月) 16:09
オートックワン

Yahoo!ニュースからのお知らせ