ここから本文です

スーパーで偽造商品券を使用、容疑の男逮捕「知らなかった」/蕨署

6/19(月) 22:40配信

埼玉新聞

 埼玉県の蕨署は19日、偽造有価証券行使と詐欺未遂の疑いで、戸田市新曽南3丁目、中国籍の内装工の男(29)を逮捕した。

 逮捕容疑は、18日午後6時半ごろ、同市南町9丁目のスーパー「スーパーバリュー戸田店」で米などの食料品を購入する際、代金として額面5千円の偽造商品券を女性店員(20)に手渡し、だまし取ろうとした疑い。

 同署によると、女性店員が偽造に気付いた。男は「偽造されたものとは知らなかった」などと容疑を否認している。男は食料品など5千数百円分を購入しようと、商品券と小銭を支払っていた。

 偽造商品券は精巧で、同スーパーは5月ごろ、同じ種類の偽造商品券で被害に遭っていたため警戒を強めていた。いったん支払いを済ませたが、女性店員や連絡を受けた店長が偽造を確認後、店内に残っていた男を呼び止めた。

 男は技能実習の在留資格を持っていた。同署は組織的犯罪の可能性も視野に調べている。

最終更新:6/19(月) 23:26
埼玉新聞