ここから本文です

アパートなど46カ所侵入し窃盗、容疑の男送検「生活のため」/県警

6/19(月) 22:53配信

埼玉新聞

 埼玉県の熊谷、深谷両市や群馬県内で窃盗を繰り返したとして、県警捜査3課と熊谷署、深谷署の合同捜査班は19日までに、窃盗、住居侵入などの疑いで、熊谷市上須戸、クリエイターの男(40)=常習累犯窃盗罪で公判中=をさいたま地検熊谷支部に送検、追送検し捜査を終結した。同課はこれまでに、窃盗など46件を確認(被害総額約300万円相当)、いずれも立件した。

 送検、追送検容疑は昨年11月12日ごろから今年3月22日までの間、熊谷、深谷両市、群馬県内のアパートなど46カ所に侵入、現金約134万円、商品券やSDカードなど934点(時価合計約166万円相当)を盗んだ疑い。

 同課によると、昨年11月ごろから、両市を中心に、アパート1階を対象とした空き巣事件が散発的に発生。周辺の防犯カメラ映像に不審車両や黒のジャージー姿でアパートに出入りする男の姿が映っており、男が浮上。県警は4月4日、住居侵入と窃盗容疑で男を逮捕していた。

 男は「生活費に充てるため」と容疑を認めているという。

最終更新:6/19(月) 22:53
埼玉新聞