ここから本文です

ドンナルンマの後釜に? ミランがネト、ペリンらに続いてトリノにレンタルのハートもリストアップ

6/19(月) 18:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

セリエAでの冒険続くか

ミランはGKジャンルイジ・ドンナルンマがクラブとの契約延長を拒否したため、新たな守護神を獲得する必要に迫られている。そこで候補者の1人として浮上しているのが今季マンチェスター・シティからトリノにレンタル移籍していたジョー・ハートだ。マンCは今夏すでにベンフィカからエデルソン・モラレスを獲得しており、ハートの居場所はない。ウェストハムがハート獲得に興味を示しているようだが、そこにミランも加わるようだ。

カカーやシェフチェンコのように後悔するぞ!

英『Sunday Express』によると、問題は金銭面だ。ハートにはローマも興味を示していたが、ハートの高額なサラリーや移籍金がネックとなっている。ミランもそれは同じで、マンCが求めていると言われる2000万ポンドの移籍金を喜んで提示するクラブはいないと同メディアは見ている。ミランもハートを獲得する場合はレンタル形式になる可能性が高い。

ミランは他にもジェノアのマッティア・ペリン、ユヴェントスのネト、ローマのヴォイチェフ・シュチェスニもリストに加えている。いずれも実力者だが、ドンナルンマの後釜を誰に任せるのか。ハートも今季トリノで見せたパフォーマンスは一定の評価を受けており、このままセリエAでの挑戦を続けることになるかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/