ここから本文です

コロンビア首都で爆発 3人死亡

6/19(月) 11:08配信

ホウドウキョク

2016年に反政府組織との和平合意が実現した南米コロンビアの首都で、爆発事件があり、3人が死亡した。
地元メディアなどによると、17日午後5時ごろ、首都・ボゴタにあるショッピングモールの女性用トイレで爆発があり、現地でボランティアをしていたフランス人を含む女性3人が死亡し、9人が負傷した。
コロンビアでは2016年、反政府ゲリラ組織FARC(コロンビア革命軍)と、政府側との歴史的な和平合意が実現し、治安が回復してきたところだった。
サントス大統領は、「平和を破壊する敵を追及する」と非難した。
地元メディアによると、FARCとは別のゲリラ組織は関与を否定しているということで、治安当局が事件の背景を捜査している。

最終更新:6/19(月) 11:08
ホウドウキョク