ここから本文です

除染事業で水増し 安藤ハザマ強制捜査

6/19(月) 22:14配信

ホウドウキョク

福島第1原発事故の除染事業をめぐり、準大手ゼネコンの安藤ハザマが、宿泊費を水増し請求していた疑いで、東京地検特捜部は、強制捜査に乗り出した。
詐欺などの疑いで捜索を受けているのは、東京・港区の安藤ハザマの本社など。
安藤ハザマは、福島・いわき市の除染事業で、作業員の宿泊費などを水増しし、6,200万円を1億1,500万円に、田村市の事業でも、2,800万円を5,500万円に改ざんして、請求していたという。
安藤ハザマの担当者が、下請け会社に対し、改ざんをメールで指示していたということで、特捜部は、関係者からの事情聴取も行い、実態解明を進める方針。

最終更新:6/19(月) 22:14
ホウドウキョク