ここから本文です

父の日にピザを 親子手作り挑戦

6/19(月) 12:15配信

カナロコ by 神奈川新聞

 父の日の記念に親子で特製ピザを作る調理実習講座が18日、平塚市追分の市中央公民館で開催された。ピザがこんがり焼けるいい香りの中、あれこれ手順を確認しながら一緒の時間を過ごす親子の笑顔が広がった。

 4回目の今年は、応募した約60組の中から抽選で選ばれた11組が参加。市健康課の管理栄養士2人の指導を受けながら、地元野菜を使った特製ピザとサラダ、コーンスープ、果物を切ってレモン汁を絞るマチェドニアと呼ばれるデザート作りに挑戦した。

 ピザは生地から練って丸め、しばらく置いてから伸ばしてホウレンソウや枝豆、炒めたソーセージやベーコンをトッピング。クッキングシートを敷いてフライパンやホットプレートで焼くと、香ばしいにおいが調理室に広がった。

 料理人になって祖父の店を継ぎたいという市立花水小3年の男子生徒(9)は「料理が好き。お父さんと作るのも楽しい」。父親(40)は「奥さんが応募したんですが、記念になっていいですね」と話していた。