ここから本文です

学芸員の仕事、体験通じ知って 日本郵船歴史博物館で活動紹介

6/19(月) 19:49配信

カナロコ by 神奈川新聞

 博物館で働く学芸員が日々の活動を紹介するワークショップが7月2日、神奈川県横浜市中区の日本郵船歴史博物館で初めて開かれる。担当者は「歴史や文化を次世代に伝える大切な役割を担う博物館や学芸員への理解を深めて」と話している。

 ワークショップでは同館の学芸員とともに、かつて日本郵船の貨客船で使われていたナイフやフォークなどの銀食器を磨く。その後、歴史資料をきれいな状態で未来に残すことの必要性や、学芸員の仕事とその役割について参加者全員で話し合う。午後2時から。小学3年生以下は保護者同伴。参加費は入館料のみ。予約・問い合わせは同館電話045(211)1923。