ここから本文です

発酵知って健康に 弘明寺商店街の酒販店で講座

6/19(月) 23:11配信

カナロコ by 神奈川新聞

 神奈川県横浜市南区の弘明寺商店街で酒販店を営む川松正孝さん(70)が、改築した店舗で発酵についての講座を開いている。放送大学で講師を務める第一人者は「身近な食でもある発酵食品の奥行きや可能性を知ってほしい」と話す。

 川松さんは「発酵の際には、多種多様な微生物が働く。食は科学。学べば学ぶほど、おいしさや健康につながる理屈がわかる」という。

 川松さんは東京農業大学で醸造学と発酵学を専攻し、大学院修士課程を修了。店を継ぐ前に、国税庁醸造試験所で酒類の研究に数年従事した。現在は放送大学やカルチャー教室などで講師を務め、発酵や酒について伝えている。

 昨年1月に店を改築し、奥に15人ほどが集えるスペースを設けた。ここでの講座は座学だけでなく実学もある。みそなどを添えたチーズとともに、食材に合わせた日本酒などを提供、学習の成果を“確認”する。「話が尽きずに終了時刻を過ぎることもしばしば」と笑う。

 店頭には自らがプロデュースし、地元にちなんで名付けた「門前町の甘酒」といったオリジナル製品も並ぶ。健康志向の高まりで、女性や若者の受講者も増えているという。

 「発酵学は元気で健康な生活を送るのに役立つだけではない。酒を楽しくおいしく飲むなど、人生の味わいも広がる」と参加を呼び掛ける。

 次回の講座は24日。午後5~7時。参加費1500円(試飲・飲食代込み)。問い合わせは、同店電話045(731)4406。