ここから本文です

漂着ゴミを小学生が調査

6/19(月) 7:52配信

MBC南日本放送

MBC南日本放送

鹿児島県南九州市の小学生が海の環境について学ぶため、海岸に流れ着いたごみを調査しました。調査は、南九州市知覧町の松ケ浦小学校の子どもたちが総合学習の一環で行いました。この日は、1年生から6年生まで19人の子どもたちが指宿海上保安署の職員らと一緒に地元の海岸に流れ着いたごみを30分あまりかけて拾い集めました。そして拾ったおよそ36キロのごみをペットボトルや空き缶などの種類ごとに分類してその量を調べましたが、ごみの多さを知り、改めて海をきれいにすることの大切さを感じている様子でした。

MBC南日本放送 | 鹿児島

最終更新:6/19(月) 7:52
MBC南日本放送