ここから本文です

「夏フェスなんて絶対出ません!」発言撤回?桑田佳祐、15年ぶりにROCK IN JAPAN FESTIVALに参戦。

6/19(月) 11:32配信

E-TALENTBANK

桑田佳祐がこの夏、ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017の8月6日(日)に参戦することが発表となった。

今年、ソロ活動30周年を迎え精力的な姿を見せている桑田佳祐。4月からは新曲「若い広場」がNHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』の主題歌として毎朝お茶の間で流れている他、5月からはJTB新TV-CMに出演するとともに新曲「オアシスと果樹園」を披露。新作のリリースが期待される中、六本木にあるアダルトなライブハウス「Billboard Live TOKYO」で2日間のみのライブを実施することを発表した。

さらには、桑田の出身地・茅ヶ崎の謎に迫る映画『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』に自身が出演することも発表され、6月25日(日)のワールドプレミア上映のチケットが情報解禁から数時間で即完になるなど、新たな情報が怒涛のように発表されている。

6月に入り、間髪入れずに桑田から発信される数々のビッグニュースに梅雨の湿っぽさも吹き飛ぶ勢いだが、さらなる大きなトピックとしてROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017への参戦が決定した。

6月7日(水)の出演者第4弾発表で数多くのアーティストが発表された中、なぜか8月6日公演にだけ「and more…」と記載され音楽ファンの間で様々な憶測を呼んでいた。桑田のレギュラーラジオ番組『桑田佳祐のやさしい夜遊び』で桑田が「夏フェスなんて絶対出ません!」と冗談交じりに話していたが、その伏線はBillboard Live TOKYOでのライブの発表で回収されたかと思いきや、桑田が本当に夏フェスに参戦するというのだから今回の知らせは驚きだ。サザンオールスターズとして2005年に出演、ソロとしては2002年以来なんと15年ぶりとなる。

桑田佳祐ソロ30周年イヤーである2017年に満を持して出演するROCK IN JAPAN FESTIVALの舞台。一線を画す桑田のスケールの大きなステージに注目が集まる。

株式会社イータレントバンク

最終更新:6/19(月) 11:32
E-TALENTBANK