ここから本文です

TOKIOがまたも稀少生物を発見。専門家が「大事件」と話すも視聴者からは意外な反応?「まーた…」

6/19(月) 18:00配信

E-TALENTBANK

18日に放送された日本テレビ系「ザ!鉄腕!DASH!!」で、またも稀少生物が捕獲され話題になっている。

番組では東京湾の一角を自然豊かな海岸にすべく、TOKIOが奮闘する企画「DASH海岸」が放送された。約8年に渡る調査や作業の甲斐もあり、出世魚であるボラの大群が見られた。これに山口達也は「それほどここが良くなってるんだな」とつぶやいた。

すると、城島茂が「これだったらカレイの王様も来るんじゃないですか?」と発言し、TOKIOが以前からDASH海岸に住み着いて欲しいと切望していたマコガレイが海岸に来ているのかを調査した。

カレイが好きだというアミノ酸の匂いでおびき出そうと、酒粕とニンニクで作った餌を仕掛け、水中の様子を観察した。様々な生物が匂いにつられてやって来る中、カレイの稚魚が複数見られた。捕獲して観察していると、海洋環境専門家の木村尚氏が「これね、大事件なんです」と話し、「これね、マコガレイじゃなくてイシガレイなんです」と東京湾で絶滅寸前の幻の魚であるイシガレイを説明した。

さらに木村氏が「横浜市がこれ(イシガレイ)が見つかったっていって、記者会見やったくらい」とイシガレイの稀少さを語り、山口と城島の二人は驚いた様子だった。

この放送を見た視聴者はTwitterで「まるで自然界からの恩返しでもされてるかの如く絶滅危惧種や希少生物見つけまくってるな」「まーた絶滅危惧種クラス引いたのかwww」「奇跡の発見!って言われても『うんうんTOKIOだしね』ってあまり驚かなくなってる」「毎月のように絶滅危惧種を見つけるアイドル」「これがTOKIOの力よ…」など、番組で捕獲する稀少生物の多さが話題になっている。

番組では先月も、魚類の中で一番古いと言われている”ラブカ”という幻の古代ザメを捕獲し、同行していた海洋環境の専門家が「研究者も本当にぶっ飛びますよ」など興奮した様子を見せた。

株式会社イータレントバンク

最終更新:6/19(月) 18:00
E-TALENTBANK

Yahoo!ニュースからのお知らせ