ここから本文です

「視野を広げて」 レキオス会・金城新会長、ボリビアと沖縄のつながり強化

6/19(月) 14:50配信

沖縄タイムス

 【山城博明通信員】沖縄県の県費や市町村の研修制度で研修を受け、帰国した元研修員で構成するレキオス会の新会長にこのほど、金城晃さん(21)が選出された。副会長に熱田仁奈さん、会計に仲村ディアナさん、書記は津嘉山樹理男さんが就いた。任期は2年。

 レキオス会は今後、研修を希望する人にアドバイスなどを行う。金城新会長は県や市町村の研修制度を幅広く知ってもらおうと、オキナワ第一日ボ校とヌエバ・エスペランサ校の合同宿泊学習の参加者を前に、自分の経験を紹介。「将来はみんなが沖縄に行って視野を広げてほしい」と励ました。

 今年は活動の一環として、7月の2週間の冬休み期間を利用して、生徒たちと沖縄そば作りを企画している。会のメンバー数人は本番前に麺打ちやつゆだしを作って試食した。また、10月には島唄カラオケ大会も予定している。

…………………………………

新役員の(左から)仲村ディアナさん、熱田仁奈さん、金城晃会長、津嘉山樹理男さん=サンタクルス市

最終更新:6/19(月) 14:50
沖縄タイムス