ここから本文です

山口俊は巨人の救世主になるか…

6/19(月) 17:00配信

ベースボールキング

ようやく揃った“FAトリオ”

 どん底を見た巨人にとって、ひさしぶりの明るいニュースだった。

 6月14日のソフトバンク戦で、山口俊が移籍後初登板・初先発。強力打線を相手に6回まで無安打、8奪三振という快投を見せて移籍後初勝利を挙げた。

 FAでの加入ながら故障で大きく出遅れ。一緒にやってきた陽岱鋼も同じく開幕に間に合わず、森福允彦も本来の実力を発揮できなかったこともあって、チームの不振の元凶として指摘されることも少なくなかったFAトリオ。しかし、ここに来てようやくその3人が揃うと、チームは以降の5試合を4勝1敗で乗り切り、一時は連敗を球団ワースト記録の「13」まで伸ばすなど、まさに地獄を見た交流戦を良い形で締めくくった。

“ノーノーリレー”の立役者

 14日の試合は山口が6回まで無安打で8奪三振の力投を見せると、マシソンが2イニング、最後はカミネロで締めて3投手による“ノーヒットノーランリレー”を遂行。プロ野球史上4度目、セ・リーグでは史上初という快挙でチームに勢いをもたらした。

 お立ち台で「初めまして。山口俊です!よろしくお願いします!」と2カ月遅れの自己紹介をした右腕の声は上ずっていた。

 決意の移籍も、出遅れで期待を裏切った自分自身への失望。さらにチームが苦しんでいる時に何もできなかった不甲斐なさ。そして、ホームの大観衆の前でひとつ勝つことができた安堵…。

 元気に始まったヒーローインタビューだったが、「勝ててほっとしています」と言葉を絞り出した男の目からは涙が溢れ、そこからしばらく話すことができなかった。


 結果は文句なしだったが、この日のマウンドは決して山口“らしい”ものではなかったように思う。

 初回こそ力のある速球で押す場面が目立ったものの、40球から50球と球数が増えていくごとに、持ち前の球威は段々と失われていった。

 最後の6回は先頭に四球を与えると、二死を奪いながらも自らのボークと四球でピンチを拡大。今宮健太を二ゴロに打ち取り、味方の好守もあって無失点で耐えしのいだものの、笑顔で出迎えたチームメイトとは対照的に、ベンチに下がっていく男の表情は厳しいものだった。

 とはいえ、右肩痛からの復帰戦でいきなり100球超えの投球ができたのは大きな収穫。それも強力・ソフトバンク打線を無安打に封じたのだから、胸を張って良い内容だったと言えるだろう。

後半戦のキーマン

 「この一勝で、これからジャイアンツの一員として頑張っていきたい」。

 今回は特別な勝利に涙を流した右腕であるが、次回からは主力としてチームを引っ張って行かなければならない立場であることは間違いない。FAでチームを勝たせるためにやってきた男には、とにかく“結果”が求められる。

 エースの菅野智之、若き左腕の田口麗斗に続く3本目の柱として、巻き返しにはこの男の活躍が不可欠だ。どん底からのスタートも、調子を上げて終えた交流戦。巨人浮上のカギは、遅れてきたFA右腕が握っている。

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10/18(水) 6:15