ここから本文です

前田健太、久々先発で5回1失点の好投 今季5勝目、打っても先制2点二塁打!

6/19(月) 5:31配信

ベースボールキング

● レッズ 7 - 8 ドジャース ○
<現地時間6月18日 グレートアメリカン・ボールパーク>

 リリーフに回っていたドジャースの前田健太が18日(日本時間19日)、敵地でのレッズ戦に先発登板し、5回1失点の好投で今季5勝目(3敗1セーブ)を挙げた。打っても先制の2点二塁打を放つなど投打で活躍。チームを3連勝へ導いた。

 前田は2番手として4回1失点に抑えた9日(同10日)のレッズ戦で、メジャー初セーブを記録。先発は4回2失点で3敗目を喫した4日(同5日)のブルワーズ戦以来、今季11度目となった。

 再びローテーション復帰をアピールしたい前田は、初回をテンポよく3者凡退。すると直後の2回表、ドジャースは二死からの連打で二死二、三塁の先制機を作ると、9番前田自ら、左翼線への2点適時二塁打を叩き出した。さらに1番ペダーソンも中前適時打で続き3点目。この回は二死からの4連打で試合の主導権を握った。

 気持ちよく2回裏のマウンドに上がった前田は、先頭の4番デュバル、5番シェブラーを連続三振に仕留めるなど、この回も3者凡退。打線が2点を追加した直後の3回はわずか4球で下位打線を退け、序盤をパーフェクトで乗り切った。

 5点リードの4回は、先頭の1番ハミルトンに、この試合初めての安打を許す。ここから四球と安打で一死満塁とされると、5番シェブラーには追い込んだあとの内角球が左腕に当たってしまい、これが押し出し死球となった。続く6番スアレスには痛烈なライナーを浴びたが、ここは右翼・プイグが好捕。最後は7番アルカンタラを二ゴロに仕留め、最大のピンチを最少失点で切り抜けた。

 4点リードの5回も二死から安打と盗塁で得点圏に走者を背負ったが、最後は2番ジェネットを二飛に仕留め勝ち投手の権利をゲット。降板後はロバーツ監督と握手を交わし、直後の6回の打席で代打を送られ降板となった。

 まだ78球と余力を残した状態だったが、5回を3安打5奪三振2四死球の内容で終えた前田。3回を33球で乗り切るなど、指揮官が求める“アグレッシブな投球”を実践し、先発復帰への第一関門を突破した。

 ドジャースは救援陣がレッズ打線の猛反撃を受けるも、最後は守護神・ジャンセンが1点差を守り15セーブ目。勝ちは前田に付き、防御率は4.70。チームは敵地戦ながら、レッズとの3連戦をスイープした。

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報