ここから本文です

ソフトバンクが3連覇!パが56勝で8年連続勝ち越し 交流戦最終順位

6/19(月) 21:44配信

ベースボールキング

 6月19日、雨のため中止となっていた交流戦の残り1試合が消化され、今年のセ・パ交流戦の全日程が終了した。

 今年は広島とソフトバンクが最後の最後まで接戦を繰り広げ、両軍ともに12勝6敗、勝率.667で並んだが、直接対決で勝ち越したソフトバンクが3年連続7度目の最高勝率チームに輝いた。史上初の交流戦“3連覇”を達成したソフトバンクは勝ち越しリーグの1位賞金1000万円に加え、全体勝率1位の500万円をゲットした。さらにMVP選手もソフトバンクの中から選ばれ、後日発表される。

 また、両リーグの対戦成績はパ56勝、セ51勝、引き分け1で今季もパ・リーグが勝ち越し。直近2年は10勝以上差をつけられていたセ・リーグが今季は奮闘したが一歩及ばず、8年連続でパ・リーグが勝ち越しとなった。


 交流戦最終順位は下記の通り。

1位:ソフトバンク(12勝6敗)
2位:広島(12勝6敗)
3位:西武(10勝7敗1分)
4位:阪神(10勝8敗)
5位:楽天(10勝8敗)
6位:オリックス(10勝8敗)
7位:DeNA(9勝9敗)
8位:中日(9勝9敗)
9位:日本ハム(8勝10敗)
10位:巨人(6勝12敗)
11位:ロッテ(6勝12敗)
12位:ヤクルト(5勝12敗1分)

BASEBALL KING