ここから本文です

生育は順調・松本市でハウス栽培のスイカの出荷始まる

6/19(月) 19:27配信

SBC信越放送

生育は順調・松本市でハウス栽培のスイカの出荷始まる

本格的な夏の訪れを前に、スイカの産地松本市でハウス栽培のスイカの出荷が始まりました。
松本市波田のJA松本ハイランドのすいか共選所には、1軒の農家がハウスで育てたおよそ400玉が持ち込まれました。
スイカは検査員が表面に傷がないかをチェックし、センサーで糖度などを測って大きさごとに箱詰めされました。
JAによりますと今月に入ってから昼夜の気温の差が大きいことから甘みも十分に乗っていて、試食をしたJA松本ハイランドの田中均常務理事は「シャリ感もあり、暑い夏に食べれば最高だと思う」と話していました。
ハウス栽培のスイカは今月下旬までにおよそ8000玉が主に県内向けに出荷されます。
ハウス栽培のあとに出回る露地ものも生育は順調で、来月上旬から出荷が始まる予定です。

最終更新:6/19(月) 20:50
SBC信越放送