ここから本文です

吉田が名司会ぶりを発揮? ミズノイベントに本田、岡崎ら豪華6名が集結

6/19(月) 22:11配信

SOCCER KING

 19日、ミズノ新フットボールシューズ『レビュラ』の発表イベントが開催され、本田圭佑と吉田麻也、岡崎慎司、阿部勇樹、武藤雄樹、金崎夢生が登壇した。

 スピード、クイックネス、ボールタッチが進化した『レビュラ』。金崎が「履いた瞬間に『あ、これイケるな』と感じます。僕は履いた感覚が大事で、『あ、これもう点取れるな』という感じが何より良かった」と言えば、武藤は「運動量を生かして(相手の)裏を取ったり、ボールを引き出したり、僕は急激なターンで何度も何度も動き直すプレーが特長。このシューズはターンをやりやすくしてくれる」とそれぞれの感覚やプレースタイルに合ったスパイクに仕上がっているようだ。

 この日、急きょ“MC”を務めた吉田は「(MC担当を)言われたのが今日だったので、もう少し早く言ってくれれば、心の準備ができた」と話したが、巧みに5人のトークを回しながら、会場を盛り上げた。「プレッシャーがハンパじゃなかったんですけど、岡崎選手がうまくサポートしてくれた」と振り返った吉田に対して、岡崎は「麻也がいてくれて助かった。トークイベントは大成功だったんじゃないでしょうか」と名司会ぶりを評価した。

 意外にも本田、吉田、岡崎と初対面だったという武藤は、「僕の名前を知らないかもしれないと思ったので、ちゃんと名前を言って挨拶しました」とやや緊張していた様子。それでも軽快なトークを披露し、本田に「浦和レッズってそういうノリがあるよね?」、吉田には「槙野(智章)感が出てる!」と突っ込まれるなど、いじられキャラを発揮していた。浦和の先輩・阿部は、「3人に会うのは久しぶりだった。頑張っている姿は見ているし、刺激をもらっています。今度は僕らが国内から海外でプレーする選手に対して、刺激を与えられるようになっていかないとダメだな、と思いました。久々に会って、そういう刺激をもらえて良かった」と笑顔を見せた。

 イベント終盤には、本田が子供たちに「日本代表になりたい人は?」と問いかける場面があり、「手を挙げた人はちゃんと練習しないといけない。今日帰ってすぐゲームしたらあかんよ。『ゲーム、何しよう』って考えてたらあかん。手を挙げたんやから、帰ったら練習する。嘘をついたらあかん。みんな頑張って」と、厳しい言葉を交えながら励ましのメッセージを送った。選手全員が「自分が結果を出すことで、このスパイクの良さを証明したい」と意気込み、イベントは幕を閉じた。

SOCCER KING

最終更新:6/19(月) 22:11
SOCCER KING