ここから本文です

中邑真輔あと一歩、世界ヘビー級王座挑戦権奪えず

6/19(月) 14:20配信

日刊スポーツ

<米プロレスWWE:スマックダウン>◇18日(日本時間19日)◇米ミズーリ州セントルイス

【写真】WWE大阪公演9・16開催 中邑真輔ら顔ぶれ豪華

 大舞台のPPV大会「マネー・イン・ザ・バンク」で、中邑真輔(37)はあと1歩でWWE世界ヘビー級王座挑戦権を奪えなかった。

 同王座挑戦の契約書が入るブリーフケースを奪い合うマネー権争奪ラダー戦にAJスタイルズ、サミ・ゼイン、ケビン・オーエンズ、ドルフ・ジグラー、バロン・コービンとともに出場。ステージに登場した直後、中邑はコービンの襲撃を受けて大ダメージ。関係者のサポートを受け、バックステージへと消えた。

 残った5人による場外乱闘が続いた後、ラダーを登ろうとするコービンを狙って中邑がカムバック。キック技で場外へと落としてリベンジに成功すると、リングに上がってきたジグラーにキンシャサ(ボマイェ)で返り討ちした。オーエンズも払いのけ、自らリング中央にラダーを設置。すると目の前にAJスタイルが登場し、ラダーの頂上まで最後の攻防を続けた。

 2人の一騎打ちの様相を呈し、中邑がブリーフケースに手をかけようとしたところ、復活したコービンに邪魔され、ブリーフケースを横取りされた。

最終更新:6/19(月) 14:45
日刊スポーツ