ここから本文です

飛来した不審物を搬出 伊方原発でドローンのテロを想定した合同訓練

6/19(月) 17:29配信

愛媛新聞ONLINE

 原発施設を狙ったテロに対する関係機関の合同訓練が19日、愛媛県伊方町九町の四国電力伊方原発であり、県警や松山海上保安部、四電の計約60人が小型無人機「ドローン」を使った爆発物テロの対処手順を確認した。県警や四電によると、ドローンを使ったテロ対応訓練は伊方原発では初めて。

愛媛新聞社

最終更新:6/19(月) 17:29
愛媛新聞ONLINE