ここから本文です

原田知世、デビュー35周年記念盤より「時をかける少女」のMVを公開

6/20(火) 17:53配信

CDジャーナル

 原田知世がこれまでの代表曲を新アレンジでセルフ・リメイクしたデビュー35周年記念アルバム『音楽と私』をDVD付きの初回限定盤(UCCJ-9213 3,600円 + 税)と通常盤(UCCJ-2141 3,000円 + 税)の2形態で7月5日(水)にリリース。リード・トラックとなる「時をかける少女」のミュージック・ビデオがYouTubeなどで公開されています。

 1983年に原田が主演した映画「時をかける少女」(大林宣彦監督)の主題歌として松任谷由実が提供した「時をかける少女」は、当時約60万枚の大ヒットを記録。原田の代表曲であるばかりでなく、80年代の歌謡史に残る名曲です。今回はプロデュースを務めるギタリスト / 作曲家の伊藤ゴローが、ストリングス・カルテットを全面的にフィーチャーした大人の雰囲気漂うヴァージョンにアレンジ。原田自身も「素敵なアレンジの上で、とても晴れやかな気持ちで歌うことができました」とコメント。MVも全身白の衣装で統一したナチュラルな仕上がりとなっています。「時をかける少女」及び同曲MVは、6月21日(水)よりiTunes Storeにて、アルバムの発売に先駆け先行配信。

 また、8月23日(水)に発売されるアルバム『音楽と私』のアナログLPのジャケットも公開。横顔を大胆にあしらったアートワークでファン注目のアイテムとなりそうです。

最終更新:6/20(火) 17:53
CDジャーナル