ここから本文です

「全米オープン」37年ぶりの2位 現場の目撃者たちは何を感じた?

6/20(火) 7:17配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇海外メジャー第2戦◇全米オープン 最終日(18日)◇エリンヒルズ(ウィスコンシン州)◇7721yd(パー72)

【画像】みんなでぺた~ん 開幕前はこんなリラックスした表情も見せていた松山英樹

松山英樹がメジャー日本人最高位に並ぶ2位となった「全米オープン」。会場となったエリンヒルズでその現場を目撃した人たちは、何を感じたのだろう?

テレビ解説者として18ホールに帯同した青木功・日本ゴルフツアー機構(JGTO)会長は「良いゴルフをした。15番のボギーの後に、すぐ16番でバーディを獲れた。ああいうゲームをできるようになっただけ、いままで以上にゴルフが大きくなった。もともと、英樹がいいのはアプローチとパッティング。それが全部ミックスすれば、こういうスコアになるっていうこと。こういうのが一生に何回あるか分からないけど、最初の1回でしょう」という。

1980年にジャック・ニクラスとの「バルタスロールの死闘」の果てに2位となった青木は「そんなに古い話だけど話題になるっていうことは、俺もやったんだなって思う。これが、松山に継承されていくのかなと。松山が継いでいってくれればいい。これくらいのチャンスはいくらでもある」と、世界の檜舞台で歴史を作っていく役割に期待した。
今週、谷原秀人のキャディとして来ていた谷口拓也は、最終日は松山組について歩いた。「練習ラウンドを一緒にしたけど、予想されるピンポジションに対してスピンコントロールも考えて入念にチェックしていた。飛距離は引けをとらないし、最後は緊張がある中で(18番の3打目アプローチの)タッチを合わせてくるのは、やっぱり世界4位。驚いたのはアプローチの精度です。近いうちに世界1位になると思う」と、同じプロゴルファーとして、世界の頂点に近づく松山に舌を巻いた。

米ツアーフル参戦初年度の2014年1月から、専属で松山のフィジカル面を支える飯田光輝トレーナーは「練習ラウンドではいろいろあったけど、試合に入ってから痛いところはなかったので、間に合って良かった。やっと痛みがない状態で戦えたので、これを継続しつつ、さらに飛距離アップやスタミナなどを考えていきたい」とする。

拠点のあるフロリダで過ごした前週は、雨にたたられて練習もままならなかった。松山はそれがプラスに働いたことはないと否定したが、飯田氏は「僕にとっては神様が休めと言ってくれているみたいだなと。良いリズムで休憩もトレーニングも練習も、全部がまんべんなくできた」と恵みの雨となったことを喜んだ。「でも、メジャーで勝つことを目標にしているので、これでうれしいかと言われたらうれしくないし、自己ベストの2位になったかもしれないけど、まだもう1つ上があるので頑張りたい」と、頂点に向けて気持ちを新たにしていた。(ウィスコンシン州エリン/今岡涼太)