ここから本文です

井上尚弥、『9・10』世界配信で米デビュー!V6戦「スターになる」/BOX

6/20(火) 7:00配信

サンケイスポーツ

 尚弥の米デビュー戦、世界へ配信!! プロボクシングのWBO世界Sフライ級王者の井上尚弥(24)=大橋=の米国デビュー戦が9月9日(日本時間10日)に決まった。19日、東京都内で開かれた会見で正式に発表された。開催地は西海岸が有力。対戦相手はWBO世界バンタム級7位のアントニオ・ニエベス(30)=米国=で6度目の防衛戦となる。日本の「モンスター」が満を持して本場に上陸する。

 待ち焦がれていた米国進出がようやく実現する。グレーのスーツ姿で金びょうぶの前に立った井上は、すがすがしい表情で会見に臨んだ。

 「前からアメリカでの試合を望んでいた。正式に決まり、ワクワク感と楽しみがある。(米国で)スターになるための第一歩だと思う」

 本場の熱烈なオファーを受けて米国に上陸する。14年12月のWBO世界Sフライ級タイトルマッチで、2階級で計27度の防衛を果たしたオマール・ナルバエス(41)=アルゼンチン=から2ラウンドで4度のダウンを奪って王座奪取。愛称の「モンスター」は米国にも伝わり、米ケーブルテレビ最大手HBOも熱視線。3年越しで実現した米国デビューは全米で生中継されるほか、全世界にネット配信される見込みだ。

 本場にふさわしい待遇も用意された。軽量級で4階級制覇を果たし、井上と同じ興行でメインを務めるローマン・ゴンサレス(30)のファイトマネーは80万ドル(約8800万円)とされる。セミファイナルとなる井上はゴンサレスを下回るが、40万ドル(約4400万円)以上とみられ、軽量級では破格。今後も年に1度の米国開催を予定し、巨万の富につながる可能性もある。

 「どれだけお客さんを楽しませるかで人気が出る。勝つことが重要だが、その中でKOなり、盛り上げる場面を見せたい」。勝てばバンタム級転向での3階級制覇も選択肢にある怪物は、目の肥えた本場のファンもKOするつもりだ。

Yahoo!ニュースからのお知らせ