ここから本文です

【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「アゼルバイジャンでのオーバーテイクは不可能ではない」

6/20(火) 17:01配信

TopNews

今週末に開催されるF1アゼルバイジャンGPに向けて、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)が次のようにコメントした。

■フェルナンド・アロンソ
シャシー:MCL32-03

「バクーは素晴らしい都市だし、昨年始まったグランプリが成功に終わり、僕はアゼルバイジャンで再びレースをすることを本当に楽しみにしているよ。バクー大使として、僕は多くの仲間や同僚よりも、ここで多くの時間を過ごしたんだ。F1レースを開催する本当に素晴らしい場所だよ。我々は文字通り歴史的な旧市街の中心部を真っ直ぐに走り、旧市街の壁はF1の新しい領域としてこのレースのための完璧な状況を作りだしているんだ」

「カナダでは今季初のポイントを獲得できそうだったけど、リタイアを余儀なくされ、僕たちはさらに強い決意でバクーに臨むが、今週末がトリッキーなのは秘密でもなんでもない。パワーユニットに問題が発生した後だから、ペナルティが科されるだろうね。サーキットは狭くて、速いストレートとタイトなコーナーの組み合わせは、オーバーテイクが一般的には難しいことを意味している。だけど、それは不可能ではないから、僕たちはいつものように戦い続けるよ」

「バーク・シティー・サーキットはカレンダーの中でも最速のストリート・サーキットだから、ドライバーの視点から見ると、壁が迫ってくる中でこのようなハイスピードでレースをするのは本当に面白いよ。いつものように、僕たちにとってスタートは常にレースで最も重要なポイントの1つだし、土曜日の予選に向けて、金曜日に準備を整えることが最も重要なことになるね」

最終更新:6/20(火) 17:01
TopNews