ここから本文です

〔ロンドン株式〕続伸(19日)

6/20(火) 2:00配信

時事通信

 【ロンドン時事】週明け19日のロンドン株式市場の株価は続伸した。FT100種平均株価指数は前週末終値比60.27ポイント(0.81%)高の7523.81で終了した。
 仏下院選挙でマクロン大統領が率いる新党「共和国前進」が勝利したことを好感し、欧州各国の株価が上昇。英市場でも朝から幅広い銘柄に買いが入り、終日堅調に推移した。米当局者発言を受け、午後にポンド安・ドル高が進んだことも輸出関連株などの買いを支えた。
 資源商社・鉱業大手グレンコアが買われ、2.93%高となった。また、スーパー大手セインズベリーはコンビニ業者の買収報道が好感され、2.26%高。一方、商業施設開発のハマーソンは1.33%安。CMCマーケッツのアナリスト、デビッド・マッデン氏は「市場は非常に強気だ」と述べた。
 他の主な個別銘柄では、石油大手BPが6.00ペンス(1.29%)高の472.65ペンス、金融大手バークレイズが3.50ペンス(1.72%)高の206.75ペンス。鉱業大手アングロ・アメリカンは18.90ペンス(1.95%)高の986.20ペンス。

最終更新:6/20(火) 2:27
時事通信