ここから本文です

ユナイテッドアローズが越境ECを強化、海外向け購入代行サービス「Buyee」と連携

6/20(火) 9:01配信

ネットショップ担当者フォーラム

アパレル大手のユナイテッドアローズは6月16日、直営オンラインストア「UNITED ARROWS LTD. ONLINE STORE(ユナイテッドアローズ オンラインストア)」に海外向け販売機能を追加した。

当初は最大83か国(86エリア)に向けて、19ストアブランドのオリジナル企画商品約5000品目を販売する。中期計画に掲げる「お客様との接点の拡大 海外展開の拡張」を推進する。

tenso社が手がけている海外在住者を対象とした購入代行サービス「Buyee(バイイー)」と連携した。海外から「ユナイテッドアローズ オンラインストア」にアクセスがあった場合、多言語表現された「Buyee」のバナーがトップページや対象商品詳細ページに表示される。

同バナーをクリックすると「Buyee」のサイトに移動。日本語か英語、中国語(繁体・簡体)の中から顧客が選択した言語でECサイトを表示する。

「Buyee」は複数の配送手段(EMS/SAL便・国際小包・船便DHL)や決済(クレジットカード・PayPal・Alipay・銀聯カード)の利用が可能。検品や配送保障を備えているほか、カスタマーサポートは4種類の言語(日本語・英語・繁体字・簡体字)で対応する。

今後は「Buyee」の取扱商品を拡充するため、各ストアブランドのオリジナル企画商品に加え、仕入れ商品の販売も視野に入れているという。

これまでユナイテッドアローズの海外展開は、世界のセレクトショップを集めたオンラインショッピングサイト「Farfetch(ファーフェッチ)」に一部ストアブランドが2015年から出店している。また、2016年には台湾でECサイトを開設した。