ここから本文です

インフラから解説、Azure PaaSでMySQL/PostgreSQLを使う意義

6/20(火) 7:00配信

アスキー

「de:code 2017」のテクニカルセッションで、日本マイクロソフト エバンジェリストの久森達郎氏が、Azure Database for MySQL/ PostgreSQLの特徴について、PaaSのインフラから解説した。
 マイクロソフトは、5月10日~12日にシアトルで開催した年次開発者会議「Build 2017」で、オープンソースのリレーショナルデータベース「MySQL」と「PostgreSQL」をフルマネージドのPaaSで提供する「Azure Database for MySQL」および「Azure Database for PostgreSQL」を発表した。6月19日時点で、東日本/西日本リージョンを含むAzureの11リージョンでパブリックプレビューが提供されている。
 
 PaaSのMySQL/PostgreSQLデータベースサービスとしては、AWSの「Amazon RDS for MySQL/PostgreSQL」、Google Cloud Platformの「Cloud SQL」(PostgreSQL向けCloud SQLは近日提供予定)などから遅れての登場になった。これらの先行するクラウドデータベースサービスとAzureの新しいデータベースサービスは、同じPaaSでも、インフラの設計が異なる。Azure Database for MySQL/PostgreSQLは、仮想マシン(VM)インスタンスではなくマイクロサービス上に展開されており、これによって、マルチAZ(アベイラビリティゾーン)配置などの設計なしに、1つのリージョン内でSLA99.99%の可用性を実現するのが特徴だ。
 
 5月24日、日本マイクロソフトが主催する技術者向けイベント「de:code 2017」のテクニカルセッションで、同社 エバンジェリストの久森達郎氏が、Azure Database for MySQL/ PostgreSQLの特徴について、PaaSのインフラから解説した。
 

1/2ページ

最終更新:6/20(火) 7:00
アスキー