ここから本文です

勇太と立花が駆け落ち!「中二病でも恋がしたい!」新作劇場版が18年1月公開決定

6/20(火) 6:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] アニメ「中二病でも恋がしたい!」シリーズの最新作となる劇場版「映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-」が2018年1月6日に公開されることが決まり、第1弾ビジュアルと第1弾特報映像が公開された。

 同作は、虎虎氏がKAエスマ文庫(京都アニメーション刊)で展開している小説のアニメ化。「邪王真眼」の使い手を自称する、重度の中二病患者である少女・小鳥遊六花(たかなしりっか)と、かつて「ダークフレイムマスター」を名乗り、痛い発言を繰り返していた黒歴史を持つ少年・富樫勇太の恋愛模様を描く。アニメ版は、12年にテレビシリーズ第1作「中二病でも恋がしたい!」、13年に劇場版第1作「小鳥遊六花・改 ~劇場版 中二病でも恋がしたい!~」、14年にテレビシリーズ第2作「中二病でも恋がしたい! 戀」が放送、公開され、好評を博している。

 完全新作となる劇場版「映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-」では、高校3年生への進学を間近にした春休みを舞台として、勇太たちの新たな物語が描かれる。ある日、立花の姉・十花は、成績のかんばしくない立花を連れてイタリアに移住することを宣言。これを知った丹生谷森夏(にぶたにしんか)から、立花との駆け落ちを提案された勇太は、立花とともに日本全国を駆け巡る逃走劇を繰り広げる。

 なお、今作では、勇太役の福山潤、立花役の内田真礼、森夏役の赤崎千夏、五月七日くみん(つゆりくみん)役の浅倉杏美、凸守早苗役(でこもりさなえ)の上坂すみれら、シリーズおなじみのキャスト陣が続投。監督の石原立也、脚本の花田十輝、キャラクターデザインの池田和美らメインスタッフも再結集を果たし、主題歌はシリーズ全作品に参加してきたZAQが担当する。アニメーション制作もこれまで同様、京都アニメーションが行う。

 そのほか、6月17日からは各上映劇場窓口で、描き下ろしイラストを使用したクリアファイル付き前売り券の販売がスタートする。特典クリアファイルのデザインは全4種類で、ランダムで1枚がもらえる。価格は1500円(税込み)。

最終更新:6/20(火) 6:00
映画.com

Yahoo!ニュースからのお知らせ