ここから本文です

中居ジャニーズ残留 独立から“心変わり”の理由

6/20(火) 11:01配信

東スポWeb

 ジャニーズ事務所は18日、昨年解散したSMAPの元メンバー、稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(42)、香取慎吾(40)の3人のマネジメント業務委託契約を9月8日で終了することを発表した。これまで取りざたされてきた元メンバーの独立がついに現実になった格好だが、当初は独立する1人と言われた中居正広(44)は契約を更新して残留することに。この決断には昨年末に残ると決めた木村拓哉(44)同様、“裏切り者”のレッテルも貼られ始めた。そんな中居の決断に、最後のひと押しをしたのが実は香取だったという。

【写真】中居と熱愛中といわれる美女ダンサー

 解散が決定してから、木村以外の4人のメンバーの胸中は揺れ動いていた。それでも、ジャニーズ事務所との契約更新の意思があるかどうかは、3か月前に決めなければならないというリミットがあった。9月9日にデビューしたSMAPにとっては6月だ。「以前からこの3人は事務所に残らないことを示唆していました。6月上旬には事務所幹部と話し合い、最終的に決定をした」とある芸能プロ幹部。

 3人は今後、先に退社しているSMAP育ての親であるI女史が設立した新会社に身を寄せると言われている。ある芸能関係者は「ジャニーズ事務所内ではI女史一派とされる社員が続々と辞めている。5月にはSMAPの古株のチーフマネジャーも辞めたばかり。ゆくゆくはみんなで合流して新たにスタートさせるのではないでしょうか」と推測している。とはいえ、今の段階ではI女史を取り巻く環境は良くない。

 前出の幹部は「一時期いわれていた大手プロダクションをバックにつけることは難しいようですし、中国ビジネスに進出するといわれていた一件も暗礁に乗り上げたと言われています。そもそも辞める3人がどこまで芸能界でやる気があるのかが未知数」ともいう。9月以降、3人は芸能界からフェードアウトしてしまうのかもしれない。

 その一方、3人とたもとを分かったのが中居だ。昨年の独立騒動時には独立派のメンバーであり、退社への道筋をリードしてきたはずだった。それが、一転して木村同様残留を決めた形だ。今年に入ってから1月に新CMが決まり、深夜帯だったレギュラー番組がゴールデンに進出するなど、“優遇”を受けてきただけに、これにはネット上では「中居はキムタク以上に悪質」「金に転んだ」など心ないバッシングが相次いでいる。

 確かに中居が揺れ動いていた時期はあったといわれる。「メンバーの中で一番、ジャニー喜多川社長を信奉しているのが中居です。昨年の騒動からSMAPが解散したことに意気消沈したジャニーさんの姿に人一倍、苦しんでいた」とあるテレビ局関係者。

 ただ、中居が残留を決めたのはそれだけではない。最後の最後で残留するよう中居の背中を押したのは、実は香取だったというのだ。

「香取は早い段階から事務所を去るという意思が固かった。そんな香取にも“迷い”はあったんです。ファンもそうですが、いままで支えてくれていたテレビ局などのスタッフのことです。テレビ局は事務所と契約をしていますから、タレントが辞めれば番組も終わるというケースは少なくない。自分が辞めれば支えてくれたスタッフまでにも迷惑をかけるわけです。それでも香取は辞める決断をしたのですが、その“迷い”が中居を押しとどめさせたんです」とはある芸能プロ関係者。

 独立する3人と比べて中居はテレビだけでもレギュラー番組が5本と圧倒的に多い。「中居が事務所を辞めるようなことがあれば周りへの影響は甚大です。だから最後の最後、香取は『自分が辞めても大きな影響はないが、中居くんが辞めたら多くのスタッフが苦しむ』と残留を懇願したそうです。中居も事務所に残れば『裏切り者』と言われるのは百も承知だが、香取の思いも受け取っての残留の決断ですよ」と同関係者は言う。

 再々分裂ともやゆされる今回の決定だが、「中居も本音はじくじたるものがあると思います。ただ、言い換えれば、それだけ独立派の結束は強いということですね」(同関係者)。

 木村を除く4人の“連帯”が浮かび上がった独立劇だったようだ。

最終更新:6/20(火) 11:45
東スポWeb