ここから本文です

「天声人語 2017年6月20日」

6/20(火) 7:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 自伝といえば、渾身(こんしん)の1冊を晩年に出すのが常識的な線だろう。童話作家アンデルセンは違った。20代で取りかかり、40代早々で刊行した。「私の生涯の物語が私のすべての作品の最上の注釈となるだろう」。みなぎる自己顕示欲に驚く▼不遇な少年時代を送ったせいだろうか。靴職人の父を11歳で失い、13歳の夏には母が再婚して半ば放り出された。身のこなしが鈍く劇団や舞踏団を追われ、自慢の歌唱も声変わりで行き詰まった▼学生時代をふりかえって、「教室で自分を笑いものにした」と校長を恨む。作家となってからは「日陰者扱い」「親切な言葉も友情の一しずくも注がれない」と批評家をののしる。……本文:1,172文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社